Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masahikoabe.blog.fc2.com/tb.php/9-b0190f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏の甲子園

夏の甲子園が始まりました。
先週の金曜日、NHKラジオの夕方の番組で、甲子園のお話をさせていただきました。
いっしょに出演した池田さんは高校野球ヘビーウオッチャーの若手芸人さん。その足で、大きなリュックを背負って、甲子園に向かいました。
「台風、気をつけてね」と言って、渋谷の街角で別れたのですが、案の定の関西直撃で大会史上初めての開幕2日延期。甲子園の<8号門>の前で野宿して開門を待つ池田さんは、果たしてどんな2日を過ごしたのか。
甲子園に熱い思いを重ねるのは、選手たちばかりではありません。

波乱の予感が、開幕戦から的中してしまって、春センバツの覇者・龍谷大平安が敗退しました。
春に大仕事をしたチーム、ブレークした選手は、夏までがたいへんなのです。
毎週末は招待試合の連続。金曜に<旅>に出て、月曜はさすがにお休み。火曜が立ち上げの練習ですから、腰を据えて練習できるのは水、木の2日間だけなのが実情です。
故障があっても治療する時間がない。フォームに迷っても時間をかけて修正するヒマがない。期待されながら予選で敗れた<ビッグ3>たち。済美・安楽、前橋育英・高橋、浦和学院・小島の3人の快腕たちも、同様の春から夏を過ごしました。

センバツの覇者が開幕戦敗退。
春はどこよりも長く甲子園のグラウンドにとどまったチームが、夏はどこよりも早く甲子園を去る。

これも高校野球なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masahikoabe.blog.fc2.com/tb.php/9-b0190f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

安倍昌彦プロフィール

1955(昭和30)年生まれ。宮城県出身。スポーツジャーナリスト。早大高等学院(東京)、早稲田大。ドラフト候補投手の投げるボールを実際に受けて記事を書く「流しのブルペンキャッチャーの旅」を雑誌『野球太郎』(ナックルボールスタジアム)に連載している。主な著書に『流しのブルペンキャッチャーの旅』(白夜書房)、『スカウト』、『若者が育つということ~監督と大学野球』(ともに日刊スポーツ出版社)などがある。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。