Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masahikoabe.blog.fc2.com/tb.php/3-3efefd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新野球誌・『野球人』が7月9日(水曜日)発刊されます。

表紙
皆々さまへ

こんにちは。流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦です。
  
  前回のブログでは、新野球誌・『野球人』を創刊することをお知らせいたしました。
  その仕様が確定いたしましたので、具体的にお知らせいたします。

  発売は7月9日(水曜日)、文藝春秋さんから発刊されます。

  もちろん、全国の書店さんでお求めいただけますが、アマゾンでも扱っております。文藝春秋さんに直接、お問い合わせいただいてもだいじょうぶです。

  お問い合わせ先は、03-3265-1211(代表) 文藝春秋・企画出版編集部ままで、よろしくおねがいいたします。

  『野球人』の記事内容をお知らせいたします。
  今回は、やはりこの時期ですので、「夏の高校野球特集号」です。

  まず、「高校野球・全国注目選手最強カラー名鑑」。
  私が実際にそのプレーを目にした選手の中から、<この選手を見てほしい>、そんな野球小僧たち57人のカラー写真付き名鑑です。
  これまで、『野球太郎』で作っていた名鑑より、コメントを増量。選手の人となりにまで踏み込んだ〔300字ストーリー〕を、ぜひお味わいください。


  次に、「全国注目高校野球選手400人リスト」。
  全都道府県の注目選手を一挙掲載。もちろん、〔40字コメント〕は健在です。


  「流しのブルペンキャッチャー」は明治大学・山崎福也投手。
  学生ナンバーワン左腕とみています。<外柔内剛>、思ったとおりの青年でした。


  新企画連載 「旬 (しゅん)」の1回目は創価大学・田中正義投手。
  今、いちばん光っているヤツ。彼しかいないでしょう。
  <紙>に載るのは、今回が野球生活初めてとのこと。
  6ページ、じっくり語ってくれました。

  やはり、新連載企画 「社会人の達人、名手の訊く」は現・富士重工投手コーチの阿部次男さんに<コントロール>についてお訊きしました。
  現役時代、コントロール率86%の<達人>に語っていたたきました。

  もう一つの新連載 「野球人のページ」。
  私が、この人こそ<野球人>と敬意を表する方たちにゲストとして登場していただき、6ページをその方にあずけます。
  どう使っていただいても結構。<野球人>の世界を堪能してください。

  締めは、「追悼 中日ドラゴンズ・渡辺麿史スカウト 『私を見つけてくれた人』」。

  今年、キャンプインの日、急性骨髄性白血病のため58歳でこの世を去った渡辺麿史スカウト。私、とても親しくしていただいたスカウトの方でした。
  渡辺スカウトご一家、そして、最後に担当された若松駿太投手との物語です。

  A5判で80ページ。女性のハンドバッグの中にもすっぽりおさまってしまうほどのコンパクトな野球誌ですが、その内容はぎゅっと凝縮されています。
  どうぞ、お楽しみに。

  書店さんで、ぜひ手にとってごらんいただきますよう。

  今、最後の追い込みで製作がんばっております。
  
  たいへん申しわけありません。
  今しばらく、お待ちください。

                            野球誌 『野球人』
                            責任編集人  安倍昌彦

        

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masahikoabe.blog.fc2.com/tb.php/3-3efefd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

安倍昌彦プロフィール

1955(昭和30)年生まれ。宮城県出身。スポーツジャーナリスト。早大高等学院(東京)、早稲田大。ドラフト候補投手の投げるボールを実際に受けて記事を書く「流しのブルペンキャッチャーの旅」を雑誌『野球太郎』(ナックルボールスタジアム)に連載している。主な著書に『流しのブルペンキャッチャーの旅』(白夜書房)、『スカウト』、『若者が育つということ~監督と大学野球』(ともに日刊スポーツ出版社)などがある。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。