Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新雑誌『野球人』創刊

 皆々さまへ

 こんにちは。

 流しのブルペンキャッチャー・安倍昌彦です。
  
 前回のブログで、長くホームグラウンドにさせていただいていた雑誌『野球太郎』を離れることをお知らせいたしました。

 つきましては、このたび、新雑誌『野球人』を創刊することになりましたこと、 当ブログを通しまして、あらためてお知らせいたします。

 前身の『野球小僧』創刊から参加させていただいて、早いものでおよそ14年になります。「流しのブルペンキャッチャー」をはじめ、いろいろなお仕事をさせて いただきましたが、執筆生活の<最後の舞台>として、自分の納得できる雑誌を自分だけで作ってみたいという、とてもわがままな境地にたどりついてしまいました。

  『野球小僧』、『野球太郎』におきまして、ごひいきにしていただいた読者のみなさまには、これまで応援していただきまして、本当にありがとうございました。
 心より御礼を申し上げます。

 新雑誌といいましても、私がこれまで『野球太郎』で続けてきた内容に、ずっと やってみたいと考えていた<新企画>を上乗せして、80ページ前後のささやかな体裁の雑誌です。

 来たる7月上旬創刊をめざして、今、てんてこ舞いで取材、執筆に励んでおります。

 果たして、どのような内容になりますか。
次のお知らせの時には、具体的な<お品書き>をごらんいただけると思います。


 読者のみなさまには、ひきつづき手にとっていただけるような、ささやかでも 内容のある、ブレのない一誌になるよう、懸命に努力を続けてまいります。

 先輩書誌の「夏の高校野球特集」にくらべて、およそ半月遅れての発刊になります。
頑張っておりますので、どうか、もうしばらくお待ちいただきますよう。

 とりいそぎ、おしらせまで。

 どうか、よろしくおねがい申し上げます。

                       
                              『野球人』責任編集人・拝
   


スポンサーサイト

Appendix

安倍昌彦プロフィール

1955(昭和30)年生まれ。宮城県出身。スポーツジャーナリスト。早大高等学院(東京)、早稲田大。ドラフト候補投手の投げるボールを実際に受けて記事を書く「流しのブルペンキャッチャーの旅」を雑誌『野球太郎』(ナックルボールスタジアム)に連載している。主な著書に『流しのブルペンキャッチャーの旅』(白夜書房)、『スカウト』、『若者が育つということ~監督と大学野球』(ともに日刊スポーツ出版社)などがある。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。